猫背矯正

猫背 矯正
サポーター

姿勢肩こり・・・。「つらい」「重くて」「固くなって」・・・。

肩こりになる可能性がある人、肩こりを悪化させてしまった人の多くは、「猫背」姿勢です。
猫背は、首にかかる負担を増強させます。
もともと、頭の位置と肩の位置は、首に負担の少ないようになっているのですが、猫背になると重心がズレてしまい、首に負担のかかる頭と肩の位置になってしまうのです。
猫背になった事で、頭と腕を支えるための筋肉が疲労しやすくなり、首の関節への負荷も増します。
つらい肩こり、首のこり、背中の痛みの原因は猫背姿勢の放置だったのです。

猫背とは?

背筋背筋が伸びず、前傾姿勢になってしまう「猫背」は、悪い姿勢の代名詞。腰から背中が丸くなり、胸を張ることができず、アゴが前につきでた状態が猫背の姿勢です。つまり、肩の位置が体の前方に巻き込まれた形になっているのです。特にパソコンなど長時間のデスクワークの人は知らず知らずのうちに肩や頭が前に出ている状態、猫背の姿勢になってしまっているはずです。

腕の重さがどのくらいあるかご存知ですか?猫背が起こす悪循環

腕の重さは片腕、約3〜5キロ、両腕で約6〜10キロもあるのです。
その重さをかかえている首や肩には、驚くほどの負担がかかっています。
デスクワーク腕の重さを永年かかえているうちに、徐々に猫背気味の姿勢になり、肩こりや首のこりの原因にもなるのです。
猫背の状態で、パソコンなど同じ姿勢をとり続けるようなデスクワークをした場合は、さらに首から肩まわりの血行不良を起こし、首・肩・背中の筋肉のこりが慢性化する恐れがあるのです。

1日30分着けるだけ。自然と猫背がスッとなる。

整体サポーターこの「 スリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ)」は、ねじれた肩関節に逆向きにねじり戻す効果で、猫背のゆがみを芯から整える、特許出願中のサポーターです。
使い方は一日30分着けて動くだけで激しい運動は必要ありません。
着けた瞬間、猫背がスッと伸び、猫背を肩関節からねじってほぐしてすっきりさせます。
スリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ)は着けるだけで、両腕をたすき掛けをしたように外側にねじるので、30分ほど着けるだけで猫背を解消し、「つらい」「重い」「固くなった」肩・首・背中が驚くほど楽に、軽くなります。

「肩関節」からねじりほぐして猫背をケア肩関節

腕の重さが一部の筋肉や関節に集中し、過剰な緊張が生まれたり、猫背状態に縮み固まる背中をつくりあげてしまいます。
加えて筋力の低下などで支えきれなくなれば、腕の重さで徐々に猫背気味の姿勢になり、肩や首に更なる負担を負う事に・・・。そんな負担の連鎖を救うのがこの「スリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ)」。
スリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ)を着けることで肩関節を外向きにねじり戻し、肩関節に集中する負担を分散。猫背解消、スッとした背筋に!


肩関節 背筋

鍼灸治療の現場から猫背を研究、開発、
「社会文化功労賞」を受賞したスリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ)

功労賞開発したのは社会文化功労賞を受賞した鍼灸治療院の院長。
鍼灸・接骨の現場で股関節温存治療の実績を重ね、筋肉のゆがみを定位置に戻す独自の施術法を確立。その理論を製品化した「スパイラルサポーター」の開発で 社会文化功労賞を受賞。

鍼灸接骨院
鍼灸・接骨の現場で股関節温存治療の実績を重ね、筋肉のゆがみを定位置に戻す独自の施術法を確立。その理論を製品化した「スパイラルサポーター」の開発で社会文化功労賞を受賞。
大学医学部での活動や、股関節治療も臨床を続ける中で、独自のサポーターや解剖学分野のソフトウェアを開発。その研究や開発の成果を専門誌に論文発表している。
「これまでの固定したり、ただ締め付けているだけのサポーターでは、猫背に代表される姿勢の改善はのぞめません。身体のゆがみは【ねじれ】ながら進むの でその大元となる肩関節から補整するのが効果的なのです。」
愛知 政則 先生

スリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ)の10の効果

●不調・疲れがたまりやすい「猫背」姿勢を補整。 
●悪い姿勢による肩・首・背中のコリやハリの予防。
●腕の可動範囲の拡大で、自由に動かせるようになります。  
●バランスのよい筋肉使いを誘導して、疲労軽減。
●腕の動作筋の加圧サポートでラクラク上げられるようになります。
●ゴルフ等、球技などスポーツ時の運動性能の向上。
●重く、つらい、首や肩の、速やかに軽減できます。  
●緩んだニの腕の引き締め。
●肩から肩甲骨まわりの筋肉ストレッチ運動になります。 
●バストアップ、ダイエット効率の高い整った姿勢を保てます。

スリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ)を使用した方の声

スリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ) 装着方法

装着

●適常は下着の上から着用し、上着を着てください。シャツの上でも着用できます。
●2つのベルトの右腕用【赤のRのマーク】と左腕用【青のLのマーク】をご確認ください。
●図1のように、左腕用【青のLのマーク】を連結ベルトが垂れ下がるように、輸を左手に通してから、ズレ落ちないようにひじの上で、面テープの【青のLのマーク】が正面になるよう絞ってとめてください。
●図2のように、連結ペルトを引っ張りながら、外側から前へ回して、図3のように一周させて、ひじの下で面テーブでとめてください。引っ張りの反動で、腕が内から外に開き、肩が後ろに下がります。
●その際、連結ベルトをななめにわたす時は引っ張りますが、ひじの下で一周させる時は引っ張らずに軽くとめると、腕の締め付けか弱くなり、長く装着していても楽です。
●同じように、右腕用【赤のRのマーク】もつけると、図4のようになります。
●左右をつけ間違えると、肩が前に傾き猫背が強調され、効果がありませんので、ご注意ください。

装着

スリムメンテ・スパイラルベルト(アームタイプ)

パッケージ

★洗濯OK(手洗い) 清潔に保てます。
★男女兼用。
★一人でカンタンに装着可能。
★鍼灸治療院の施術現場から生まれた目からウロコのねじり戻し法

当日発送・返品保証

当商品は製造終了となりました
新しく生まれ変わった新商品をご検討ください

猫背補正 バイオメカサポーター肘関節U

Copyright (c) BANRAI Inc. All Rights Reserved.
無断転載・複製を禁じます
けんこうともだち Ninjapo

相互リンク